FC2ブログ

言ノ葉 my world's my words

季節の移り変わりを、人の心の移り変わりを、全ての変化を受け入れよう。

About me

Neque porro quisquam est qui dolorem ipsum quia dolor sit amet, consectetur, adipisci velit 同様に、悲しみそのものを、それが悲しみであるという理由で愛する者や、それゆえ得ようとする者は、どこにもいない。

03/16のツイートまとめ

Posted by 八月の紫陽花 on   0 comments   0 trackback

aug_hydrangea

自分がこれからどう生きるべきかを考えた時、今までのように決まった道がなくて、何をすべきか分からなくなる。社会の中で生きるということを考えた時、自分は一体どんな人間になりたいのだろうと思う。かっこいい仕事なら沢山ある。やりたいことも沢山ある。でも、自分のやりたい「仕事」は?
03-16 00:05

もしかしたら、どんな仕事をしたいかではなく、どんな風に生きたいかに沿って生きることに、仕事が結びついてくるのかもしれない。今はただ、それを期待。
03-16 00:08

スポンサーサイト



03/08のツイートまとめ

Posted by 八月の紫陽花 on   0 comments   0 trackback

aug_hydrangea

最近Twitterを始めて、やっぱり著名人、知識人の言葉に耳を傾けられるのは非常に勉強になると感じている。彼らの思考力とか行動力には希望と勇気をもらえる。最近ニュースやTwitterを習慣として読むようになって、やっと時代の流れというものを感じるようになった。
03-08 07:21

茂木さんはTwitterの連続ツイートをやめてしまうみたいだけれど、きっと沢山の人に毎日新しい刺激を与えていた功績は何かしらの形で報われるんじゃないかな。もちろん「Twitterじゃなくてゆっくりとした流れでやらなければならないことを」というのは共感できる。何故なら
03-08 07:25

ニュースやTwitterで読んだこと、書いたことは長い丹念の積み重ね…ではない。だからか、どこかうすっぺらくて、でも量が多いから、色々やってるような【つもり】になれる。知識人の場合もやっぱり、こちらからしたら学びでも、本人がふと振り返ると薄っぺらく感じるものなのかもね。
03-08 07:29

自分の活動がネット上で盛り上がって、何かが変わる気がしてたけど、実際はネット上だけだった、と被災地支援のNPOの人が言ってた。Twitterの利用者は若い世代しかユーザーがいなくて、会社で経営とかやってるようなおじさん世代がいない、と哲学者が言ってた。
03-08 07:34

今、ネットが真新しいコンテンツじゃなくなって、むしろ問題も増えたり、というか問題に目が行くようなフェーズに入りつつあるように感じる。その便利さの中には落とし穴みたいなものが無数に潜んでいて、気づかないで中にいると、その穴のしたに広がる新しい世界を知らないで生きることになる。
03-08 07:36

そして穴の存在を知る人は増えても、その後穴の下を確かめに行くか、そのまま穴に気をつけて歩くかは自由なんだと思う。多くの人にとってはこれからくるフェーズでしょう。私はとりあえず就活生だから、しばらく社会に溶け込んで歩くことにする。
03-08 07:42

なにはともあれ、知識人には影響力があるので、新しい表現の幅を模索して、日本国民、そして全世界の人々に思いを届けてほしいと思います。明るい未来のために。
03-08 07:47

03/06のツイートまとめ

Posted by 八月の紫陽花 on   0 comments   0 trackback

aug_hydrangea

吉祥寺の近くに引っ越して早1年、やっと慣れてきた感じがする。休日の過ごし方、買い物の仕方、色んなことをだんだん覚えて、充実してきた。特に吉祥寺は色んな専門店があって、買い物する喜びがある。味噌を味噌屋で、メンチカツを肉屋で、ホットドックも違う肉屋で買って、井の頭公園で休む。
03-06 14:04

買い物ってこんな充実してたっけ、とはたと思う。思考が行き着いた先は、それぞれを得意としている専門店で買うことの充実感、というのがあるに違いないということ。私もスーパーは毎週末行くが、どこにでも売っている商品を買うとなった時、重視するのは商品のコスパ。お金の計算ばっかりしてる。
03-06 14:08

どれがコストの割によいパフォーマンスをしてくれるのか、分からず疑心暗鬼の状態で買い物をする。充実感は安く済ませられた時くらい。 対して専門店でのお買い物は、まず買いに行くこと自体が楽しい。お金は厭わない。色んな種類の中から何を選ぶか迷う時間もまた良い。どれも魅力的に感じるからだ。
03-06 14:11

そして専門店巡りは一箇所では済まないから、歩いて体の健康にも良いし、合間に新しい店の発見するのにわくわくもする。吉祥寺なんて特に、どこを歩いても新しい発見でいっぱいだ。やっぱり専門性は大切。リベラルも大切なんだけどね。この議論は途方もない。でもまぁ店に限っていえば、やっぱ専門性!
03-06 14:16

この街で一生を終えたい。そう思える街に出会えて嬉しい。さて、そろそろ勉強するかな。
03-06 14:21

03/05のツイートまとめ

Posted by 八月の紫陽花 on   0 comments   0 trackback

aug_hydrangea

東大「秋入学」――事実上の"断念"を考える(砂田 薫) - BLOGOS(ブロゴス) http://t.co/huEtBKMtkx
03-05 10:10

【東大秋入学困難】やっぱり保守的な大学なんですね。結局要領良く勉強できる優等生が集まる大学は、頭がずば抜けて良いが固い教授の講義を受ける場所なのか。日本一というブランドを保っても、研究機関としての力がないのはもったいない。
03-05 10:17

秋入学は困難だったとしても、東大は日本の他の研究機関をひっぱってく役割のはずだから、東大ブランドに集まってくる「人」に頼りすぎず、「組織、機関」としても革新的なものを常に世の中に届けて欲しいと思う。大学は偏差値ではなく特色で売る時代に早く変わって欲しい。大学は全体的に変わるべき。
03-05 10:21

03/04のツイートまとめ

Posted by 八月の紫陽花 on   0 comments   0 trackback

aug_hydrangea

【創造的であるとは、結局、文脈の外に出続けることである。日だまりの中で微睡みつつも、木枯らしの吹く外を忘れない。】茂木さんの今日のツイートに共感。私は結局、社会的価値観の中で生きることを放棄した。流れに乗ることは、私の使命ではないと感じている。文脈の外から新しいものを創造したい。
03-04 17:58

みんなが望むような安定とかブランドとか、そういうものは誰かに決められたレールの上の価値観。良いものも悪いものも、私はこの目できちんと見極めたい。不安になることはあっても、98%自分を貫くより、100%貫く方が楽だと思いたい。私は多分、創造的な人間でいたいんだ。さてどうしよう。
03-04 18:02

そういやただいまスタバ。頼んだマフィンの味が、なんだかとても懐かしくて、不思議な気持ちになった。私を構成しているのは、半分日本、あとは世界をごちゃまぜにした何か。色んな人と感覚がずれるのも、当たり前だよね。このズレを、きちんと世の中と人のために活かせるよう、模索していこう。
03-04 18:11

03/03のツイートまとめ

Posted by 八月の紫陽花 on   0 comments   0 trackback

aug_hydrangea

【激減、ボランティア生徒 内申書の加点廃止、原因? - 朝日新聞デジタル http://t.co/2XwuYuoaii】ボランティアが点数稼ぎになるというのは、昔から嫌な気分にさせられるものだった。ボランティアは手段ではなく、心の底から湧き出てくる感情に突き動かされて…のはず。
03-03 10:21

ボランティアの入り口から、ボランティア=点数とするのは、どうなんだろう。キリスト教の学校に行っていると奉仕活動は当たり前のこと。日本の人々はボランティアの起源を辿り、正しい知識を身につけるべきだと思う。ボランティアが盛んな地域は犯罪も少ないという心理学的統計もあるしね。
03-03 10:26

ボランティアをしているとすごいね、偉いねと言われるが、全くそんなことはない。むしろ目に見える報酬がないとできないという考えが理解できない。目に見える"お金"や"評定"のような報酬ではなく、"心の豊かさ"や"地域や人との繋がり"という目に見えない報酬を山ほど貰えるというのに。
03-03 10:30

人は自分のために生きても絶対満足できない。誰かの役に立っていると実感出来て初めて生きていることを実感できるのだ。それは金銭を通してでも良いのだけれど、金銭も何も介さない繋がりだからこそ得られるものがある。お金は人を変えるからね。私にとって、ボランティアは生きてる実感そのもの。
03-03 10:34

03/02のツイートまとめ

Posted by 八月の紫陽花 on   0 comments   0 trackback

aug_hydrangea

茂木さんの今日のツイートを見て、私は違和感を感じた。確かに、グローバル経済の土俵に立つことは可能であろう一応大国日本。だから、アメリカに負ける、勝つという考えもありだとは思う。でも、日本は日本人の性格や日本の土地を考慮した上で、やはりトップのアメリカに合わせるのではなくて、
03-02 10:47

自分たちらしさで生き残っていくべきだと思う。何も追いつこうとかそういうことはするべきではないと思う。姜尚中さんのアエラ連載「愛の作法」でとても共感したのは、日本の良さは地方の持つブランド性だと述べている点である。アメリカナイズされるのではなく、ジャポニズムを巻き起こして欲しい。
03-02 10:58

そしてそのジャポニズムは、日本らしさで生き残っていくことであり、他国にとっても他国らしさで生きていく指針になれば最高だと思う。ブータンみたいなの好きだ。ま、多少日本人は箱入り娘すぎる部分があるので世界に出る必要はあると思うが、若い世代は既にそうシフトしつつあるのではないだろうか。
03-02 11:02

むやみに海外のものを取り入れるのではなく、自分たちらしさに誇りをもって生きる日本人になってほしい。もちろん得意技の原案を輸入して自分たちなりにカスタマイズってのもありだけどね。 *以上、文章を読むだけで自分で考えない人間は所詮他人の土俵に立っているのみという言葉に触発されて。
03-02 11:09

そういえばさっき、コープで買い物中、急にくらくらしてしまった。リュックを背負って買い物をする老人の姿が、亡くなったおじいちゃんを彷彿とさせて。ああそうだ。ふと思い出すと今でも私の心を激しく揺さぶるんだ。身近にいる人々が死んでしまうことが私にとって一番辛いことかもしれない。
03-02 18:36

02/28のツイートまとめ

Posted by 八月の紫陽花 on   0 comments   0 trackback

aug_hydrangea

バイト後に、図書館前の広場で昼ご飯のパンを食べるのが好き。今日は子供から老人まであらゆる世代の人たちが、陽の光に当たってのんびりして居た。子どもたちの笑顔はいつもながら神々しいのだけれど、それを微笑みながらみている老人の顔もまた、太陽の光が当たって、とても美しいのです。
02-28 17:08

異なる世代が出会い、共に過ごす姿は、人生はまるで、希望と笑顔に満ち溢れたものなのだと思わせるような、そんな光景である。そして周りの人間から見たら、私の存在もまた、その美しい光景の一部なのである。腹と心とどちらも満たして、私は授業に向かう。今学期は充実してたなぁと思う。
02-28 17:14