FC2ブログ

言ノ葉 my world's my words

季節の移り変わりを、人の心の移り変わりを、全ての変化を受け入れよう。

About me

Neque porro quisquam est qui dolorem ipsum quia dolor sit amet, consectetur, adipisci velit 同様に、悲しみそのものを、それが悲しみであるという理由で愛する者や、それゆえ得ようとする者は、どこにもいない。

『ミリオンダラー・ベイビー』 主演:クリント・イーストウッド

Posted by 八月の紫陽花 on   1 comments   0 trackback

クリント・イーストウッド
ポニーキャニオン
発売日:2005-10-28

超有名作。だから観てみようと思いました。名前だけは知ってたけど、中身はよく知らなかったので。。映像が綺麗ですね。後ナレーターが渋い。キャスティングも良いですよね!無駄なキャラがいませんでした。完成された作品って感じがしますね。終わり方も素敵な切ない感じで、好きですね。ただ個人的にはボクシングがあまり好きじゃないので途中で飽きそうになりました。特に最後のチャンピオン戦のあのシーンまではもう終わんないかなぁ~とか思ったり。でも、あの後の展開は予想してなくて、面白いなこの映画!って思いました。サクセスストーリーで終わらないんですね。なんだか切ない。切なすぎる物語でした。

*【映画】11作目*
スポンサーサイト



『カールじいさんの空飛ぶ家』 主演:ディズニー

Posted by 八月の紫陽花 on   0 comments   0 trackback

ウォルトディズニースタジオホームエンターテイメント
発売日:2010-04-21

これは、クロラ・ピクニック・ブタとTSUTAYA100円で連敗したところだったので、嬉しい1作!久しぶりの当たり!これは本当に良いですね~!!!開始の部分では泣かなかったけど、本当に心温まる、きゅんきゅんな、素敵なアニメでしたね~!その中にも笑える部分も多々あって、本当に面白かったしね!時間がなかったから字幕版しか見れなかったけど、今度は日本語版でも見てみたいですね!アニメだからあまり期待してなかったけど、すっごく良いですね。やっぱりアニメキャラは純粋にその物語の中に生きてるから良いのかもしれませんね。絵も可愛いし、ストーリーも良い話だし、大好きな作品になりました。これは是非、お薦めしたい作品です。

*【映画】11作目*

『スカイ・クロラ』 監督:押井守 声優:菊池凛子、加瀬亮

Posted by 八月の紫陽花 on   4 comments   0 trackback

押井 守
VAP,INC(VAP)(D)
発売日:2009-02-25

これは・・・期待しすぎてましたね。あまりにCMが強烈な印象で、あれは宣伝上手でしたね!見てみると・・・まぁ印象に残るシーンは少なからずありますが、いまいち伝えたいメッセージが分からない。し、声小さいよ!扇風機と一緒にパソコンで見てたらほぼ聞こえなかった!(これは自己責任だけど。笑)それから、凛子さん・・・すみませんがあまりにも声優として下手すぎます・・・。もうちょっと叫ぶシーンとかどうにかならなかったのかなって思う程の気が抜ける大根さ。でも映像は本当にきれいでした。大きなスクリーンで見たら、それだけで満足しちゃうかもしれない。ただ・・・ストーリーがなぁ~謎すぎる。原作読まないとついてけません。というわけでいつか原作読んでみたいですね!

*【映画】10作目*

『夜のピクニック』 脚本:長澤雅彦 主演:多部未華子

Posted by 八月の紫陽花 on   2 comments   0 trackback

長澤雅彦
ハピネット・ピクチャーズ
発売日:2007-02-23

これは・・・つまらなかったですね~。あの恩田さんの作品の良さはやっぱり本じゃないと表現できないのかなぁ~。アレンジも逆効果だった気がします。私的に、あの本のエンディングがなんとも言えない良さを出してると思うのに、それが完全に削られてて残念。後は映画だからこその、派手な演出?安っぽい回想シーンやいらないシーンの数々。。。う~んいただけない。でもキャスティングはなかなか良かったかも?ちゃんと原作のイメージに合ってたよね。でもたべみかこちゃんはやっぱ苦手なんだよなぁ~。すみません。でも学園ドラマ?的な映画として純粋にみるなら面白いかもね。ただ大きな展開もなくだらだら続くストーリーは映画としてはどうしても面白みに欠けるのかな。やっぱり。原作一番!

*【映画】9作目*

『ブタがいた教室』 監督:前田哲 主演:妻夫木聡

Posted by 八月の紫陽花 on   0 comments   0 trackback

前田哲
NIKKATSU CORPORATION(NK)(D)
発売日:2009-04-10

はっきり言ってつまらなかったですね~。これを観たきっかけはTSUTAYAで100円レンタルでついつい手に取ってしまったっていうのと、この前読んだメジャースプーンの参考資料に載ってたからです。私が映画を手に取る理由は大体本で読んだとか、人からのおすすめだったりです。で、まぁ大体本が原作のは映画が上回ることはないのでいつも酷評しつつ、結局見ちゃうんですけど、それはまぁおいといて、この作品は妻夫木くんの良さを完全に無視してる気がします。そして同じ議論の繰り返し。せっかく妻夫木くんを起用してるのに全く生かされてない。し、子供たちの議論があまりに長くて退屈しました。題材は面白いのに、つまらなかったです。映画にするべき作品ではなかったかも。

*2010【映画】8作目*

『夜のピクニック』 恩田陸

Posted by 八月の紫陽花 on   32 comments   0 trackback

恩田作品を読みなれてる私としては一般聴衆向けの本だなぁって感じがしました。ビギナー向けの本って感じかなぁ。私は慣れているので恩田さん独特の文章表現とかノスタルジックな感じとか、そういうのにもちろん魅力は感じたけど、そんなにかな。むしろもっと麦の海らへんのグロテスク感が好きな私にはちょっと物足りないかな。物語の行方は大体本の最初の段階で読めてしまったのも残念。でも最後の清々しい感じのエンディング(だった気がする。1ヶ月くらい前に読んだからもう分からなくなっちゃった。)は良かった!!この人の本の終わり方は本当に毎回素敵!!という訳で、映画化もされたみたいだから見てみたんだけど~。。感想はDVDの方で!

*2010【本】26冊目*

**

『ぼくのメジャースプーン』 辻村深月

Posted by 八月の紫陽花 on   14 comments   0 trackback

やっと読み終わったメジャースプーン!能力説明の部分が長すぎてあまり好きになれない作品でした。不思議な力があるみたい~程度なら良いんですけど、そこにフォーカスしすぎてる作品は苦手みたいです。やっぱり私はSFの作品はあまり向いてないのかもしれないですね。それに今回の作品は小学生が主人公ということで、私的に話す口調とか考え方がやや大人ッぽすぎてあまり感情移入できませんでした。小学生でこんなこと考えられないだろうとか、まだ小学生のころの記憶が残っているせいか、思ってしまいましたね~。でも、続編があるということで、そっちは是非読んでみたいですね!なんだかんだいってこの人の本は好きなので。でもこれは期待外れかな。

*2010【本】26冊目*